自ら学習し、変化し続ける組織にする

自社唯一の新卒内定者インターンが完成しました!

2021.12.27


(代表取締役 CEO 向 徹様)

■クライアント名
株式会社 E-Grant

■インタビュー
代表取締役 CEO 向 徹 様
代表取締役 COO 北川 健太郎 様

■事業内容
IT関連事業
人材事業

■従業員数
約50名

■インタビュー日時
2021年11月

■HP
https://www.e-grant.co.jp/

 

”「和の心」を世界に広げ「想いやり」に溢れた社会を実現する” を理念に掲げ、
EC通販CRMツール「うちでのこづち」を中心に事業を展開するE-Grant。

今回は新卒社員の入社後即戦力化を目的とした、
内定者に対する教育制度構築を行ったご感想を

代表取締役 CEO 向 徹
代表取締役 COO 北川 健太郎

のお二人にお伺いいたしました。

 

– 導入当初、どんな課題を抱えていましたか?

【向様】
もともと教育に力を入れたいと思っていました。
課題はいくつかあったのですが、
その中の一つが ”いかに新卒メンバーを早く一人前化していくか” ということ。
幅の広い研修を構築、組み立てしていくためには、
慣れや経験が必要となってくるというところから、
ENERGIZEさんにお願いしようと思いました。


– ENERGIZEコンサルティングの導入を決定した決め手はなにでしたか?

【向様】
これまで弊社の支援を長くやっていただいており、
前段の話をしなくてすむというところと、
生嶋さんがアドバイザーについてくれることによる安心感があったからです。

【北川様】
向と同じで、自社を知ってもらっていて、
内情についても深く理解していただいているから。
そしてもう一つは、ENERGIZEさんの素晴らしい点として、
個社別にカスタマイズをしていただけること。
この部分の柔軟性が本当にすごいなと思っています。
その会社にとっての最適なやり方に合わせて実施していただけることが
いいなあと感じていたから導入を決めました。


– コンサルティングを導入して、どんな成果が出ましたか?

【向様】
新卒インターン生の教育制度が完成しました。

【北川様】
本当の成果はまさにこれからですね!


– プロジェクトを進めていく中で、メンバーの成長や変化は何がありましたか?

【向様】
特にマインド面ですね。
定性部分におけるベースがしっかりと醸成できたと実感しています。
そこからE-Grant色に理解を深めていくのはこれからです。
例年と比べても現段階における意気込みは高く、かなり素晴らしいと感じています。

【北川様】
会社が求めるものが明確になったことで、
その期待に答えようと内定者がより使命感を持ってくれていると感じています。
内定者インターンにおける取り組みは全社へオープンにしていたのですが、
研修をかなり充実させることができたので、
一つ上の世代の新卒が、「自分たちも研修に参加したい」という声が上がったりと、
上の世代へもいい刺激になっていると感じています。


– プロジェクト全体を通して一番印象に残っていることはなんですか?

【向様】
先程の話にもあったとおり、上の世代からも羨ましいという声が多く上がっています。
今回の内定者インターン構築をきっかけに、全社として教育に対して前向きになり、
自分たちで機会を取りに行こうというが社内で起こっていると感じています。

【北川様】
大きく分けて2つあります。

1つ目はENERGIZEさんのフレームの多さ、機敏さです。
我々の課題に合わせてやっていただいているので、
「できないことはないのではないか?」くらいの柔軟性を感じました。

2つ目はこれからの期待も含め、受けている内定者の言動を通じて、
今後彼ら、彼女らがイキイキと自分らしく仕事ができるようになるのではないかと
想像できていることですね。


(代表取締役 COO 北川 健太郎様)


– ENERGIZEに対しての印象はいかがですか?

【向様】
まず横溝さん(担当コンサルタント:横溝 渓太郎)には
色々やっていただいて大変感謝しています。
一緒にプロジェクトを進めていく中で、
ENERGIZEの方々のポータブルスキルが高いと感じました。
それがプロジェクトを柔軟に進めることができるという点に繋がっていると感じています。

あとは、横溝さんがENERGIZEさんに入社されたばかりということもあり、
はじめは不安がありましたが、
その分、真剣に取り組まれているという人柄や、
我々の想いに応えてくれようとしている姿勢から、
安心してプロジェクトを任せることができました。

【北川様】
先程の話と同じになってしまうのですが、
個社別にカスタマイズするというのは、言うのは簡単ですが、
その企業の前提や課題を的確に把握していないとできないと思っています。
そして、そこにただ合わせるだけでなく、「もっとこうしたらいいのでは?」という
ENERGIZEさんのノウハウや工夫をプラスαで提供していただけることが、
ENERGIZEさんのすごいところ、成果につながっているところではないかと感じています。


– ENERGIZEのコンサルティングを、他にどんな企業におすすめしたいですか?

【向様】
新卒の成長を最大化したいという企業様ですかね。
新卒って、丁寧に扱いすぎてしまうケースが多いと思うんですが、
その中で内定者インターンというのは一つのチャレンジだと思います。
その点について、何が正しいのか?を迷っている企業様は
ENERGIZEさんが持ってるノウハウをいち早く活用するといいと感じています。

そして、これは早ければ早いほどいいと思います。

【北川様】
新卒社員の即戦力化を急ぎたい、そこに課題があると感じていらっしゃる企業様ですね。
これはまだ新卒育成に取り組まれていない企業様、
すでに取り組まれている企業様、共にです。

すでに取り組まれている企業様でも、
「自社で色々やっている」「外部のパートナーとやっている」が、
自分たちが目指している姿に対して「本当にそれでいいのか?」とハテナを感じる、
もう少しよりよい方法があるにではないか?と思っている企業様は特に、
ENERGIZEさんの型だけではないカスタマイズ性がはまるのではないかと感じています。

社内外へも、
”自社唯一のインターン企画を作る”という打ち出し方ができるのではないでしょうか。

Contact

ENERGIZE(エナジャイズ)へのご相談は無料で受け付けております。

arrow
arrow