ENERGIZE-GROUP

RECOMMENDATION

  • 株式会社ウィルゲート 専務取締役

    吉岡 諒 様

    ENERGIZE-GROUPと出会って、あなたに(御社に)どのようなインパクトが起きましたか?

    ENERGIZE-GROUPのマネジメントコーチングにより、成果が伸び悩んでいたチームのメンバーが次々とMVPを獲得し、最も活躍したチームとしてMVTを獲るまでになりました。自分たちで作っていた”限界”捨ててチャレンジングな目標を定め、それを実現するための方法を考えて行動する文化ができました。また、組織としてモチベーションが下がってしまっていた開発組織もマネジメントコーチングを導入してから主体性や目的意識が高まりました。自分たちで会社の成長を牽引するためにはどのようにすれば良いかを考え行動し、モチベーションが高い組織へと進化を遂げることができました。

    弊社で「働くこと」についてご意見をお聞かせくださいませ。

    ENERGIZE-GROUPで働くことのメリットは組織や事業に対して大きな変化をもたらすことができる市場価値が高いビジネスマンになることができます。
    独自の「Re-Design Engineering」のノウハウ、世の中に対してイノベーションを起こそうとしている経営者や経営幹部に対してコンサルティング・コーチングをしていくことで得られる経験、オープンでチャレンジングな組織風土など、若くして大きな成長ができるフィールドがENERGIZE-GROUPにはあることを私が約束致します。

  • すごい会議FOUNDER

    大橋 禅太郎 様

    ENERGIZE-GROUPと出会って、あなたに(御社に)どのようなインパクトが起きましたか?

    (売上や利益以外で言うと)
    • より高いレベルのエネルギーを得ました。
    • より会社全体の風通しがよくなりました
    • よりあっけらかんとするようになりました
    • 問題が解決しやすくなりました。
    • そして、売上や利益もより上がりました!

    これがどのようにして起こったかというと、特定の手法やサービスというよりは、ENERGIZEのメンバーと、機会があるたびに会話のやりとりをすることによって、僕自身が刺激を与えられることによって起こっている気がしてます。(かつ、特定のサービスもすばらしい)

    弊社で「働くこと」についてご意見をお聞かせくださいませ。

    「ENERGIZE-GROUPで活躍できるのはこういう天から降ってきた出来事をモノにできる人財です。」

    この文章を読んでいるということは、なにかしらレアなチャンスによって、あなたがENERGIZEを知ってしまったからと推測します。

    僕自身は、人生の中で、時々(大きなやつでいうと5回ぐらい)、今から思うと天から降ってきたとしか思えない出会いによるビジネスチャンスに恵まれました。多くの他の人達も僕が出会った人達と出会っているわけですが、僕がその出会いをモノに出来たことが、今の僕の現状(やりたいことを商売にして、日々過ごすことができる)を作り上げています。

    あなたにとって、ENERGIZEと出会うというこのレアな出来事が素敵な顛末になることを希望します。

  • 株式会社キュービック 代表取締役

    世一 英仁 様

    ENERGIZE-GROUPと出会って、あなたに(御社に)どのようなインパクトが起きましたか?

    ENERGIZE様には、事業開発、既存事業のブラッシュアップ、理念の再構築という3つのプロジェクトを推進していただきました。全プロジェクトメンバーが既存業務との兼務で進める中、適切な声がけや進行を徹底していただくことができ、全員が最後まで当事者を持って取り組むことができました。私たちのような会社では特別プロジェクトの専用チームを組閣することは難しく、メンバーの稼働確保は大きな課題でしたが、負荷も上がる中メンバーをしっかり牽引していただき、全プロジェクトにおいて高いレベルの成果を収めることができました。また、会議の進行が非効率という問題を抱えていましたが、ファシリテーションのスキルや付箋を使った効果的なアイディアの引き出し方、意思決定の際に「決め切る」という癖がつき始め、効率的に会議運営ができるようになりました。

    弊社で「働くこと」についてご意見をお聞かせくださいませ。

    コンサルティングにも様々あると思いますが、僕が考えるコンサルタントの価値は「専門知識の提供」以上に「プロジェクトの推進や実行支援」です。どんなに美しい戦略や事業アイディアを描いても、実行できなければ何の役にも立ちません。ENERGIZE様の実行支援は、現場社員に成功体験や成長機会を提供していただく適度な距離感のあるものでした。口先だけのつまらないコンサルタントにならず、クライアント企業の事業や経営にしっかりとしたインパクトを与え、それを中長期的に見守り支援したいという、顧客志向性が高くビジネスへの興味が強い学生にはとてもいい環境だと思います。また、コンサルティング会社の大きなメリットである「会社経営者や意思決定権者との対話を通じて高い視座を持ったまま成長し続けることができる」というポイントも重要ですね。

  • 株式会社FCEトレーニング・カンパニー 代表取締役

    安河内 亮 様

    ENERGIZE-GROUPと出会って、あなたに(御社に)どのようなインパクトが起きましたか?

    昨年対比を120%〜140%程度で推移してきましたが、ENERGIZEのサポートを受けたことで200%〜月によっては500%近い昨年対比を叩き出すことが出来ました。このプロセスを通じて、顧客企業が増え、私たちがお客様に提供できるインパクトも増加したと感じています。毎月毎月プロセスチェンジが起き、メンバーからも次々にアイディアが出てくるようになりました。そして何より、経営者である私自身が誰よりも成長出来たと実感しています。

    弊社で「働くこと」についてご意見をお聞かせくださいませ。

    ENERGIZE-GROUPで働くことによって、「プロとして生き抜く力」がみにつくと私は考えます。私が考える“プロ”とは「どんな状況においても変わらぬパフォーマンスを出す」人です。そして、“生き抜く力”とは「自分で飯を食っていける力」と考えます。プロとしての強靭なメンタリティとマネジメント技術やイノベーションスキルを手にすることによって、いつでも自分で自分の夢に向かって生きていける力。そう思います。

  • 株式会社オンライフ 代表取締役

    高崎 航 様

    MANAGEMENT COACHINGを導入するに至った決め手を教えてください。

    DAY1、DAY2をやったことですね。DAY1、DAY2をやった時に、戦略的フォーカスを作ったんですけど、あまりうちの取締役陣って、いわゆるコンサルティングとか研修に対してポジティブじゃないんですよ。もともとそういうのをやってきた会社じゃないんで。ただ全員一致で「なんか会社が変わりそうだよね」っていう雰囲気があったんです。

    このMANAGEMENT COACHINGはどんな組織やチームにオススメしますか?

    まさに僕らぐらいの規模、社員数40〜60人くらいの、まだ社長が現場にいないと現場が回ってなくて、経営者が実務ではなくてちゃんと経営の仕事に集中して会社の規模を大きくしたいと思っている会社に向いていると思います。

    MANAGEMENT COACHINGを導入して、どんなインパクトがありましたか?

    まず各マネージャーの覚悟が生まれました。マネージャーが自分のチームを引っ張っていくという意志が伝わるようになりました。
    他には会議の時間が整理されました。時間も短くなったし、出るメンバーもブラッシュアップされたというか。単純に時間が短くなったというよりは整理された感じですね会議が。出なくていいものに出なくなったし、出るべきものにはしっかり出る、みたいになりました。結果、僕が現場から抜けれました。
    現状数字に結びついているのかどうかはわかりませんが、マネージャーよりも更に下のレイヤーが育ってきました。例えば入社してまだ3ヶ月位で、自分の商品を担当してその商品の売上を上げられる人が出てきたとか。マネージャーの意識が変わるとその下の人達の意識も変わるので。
    今まで言ったことは全部繋がってるんですが、一番価値があったのは僕が現場から抜けれたことですね。僕が現場にいるとこれ以上会社の規模は成長しないので。

  • 株式会社ナウエル 代表取締役社長

    宮嶋 敏郎 様

    EMCを導入する前と後の御社の状況を教えてください。

    すごい会議を導入するっていう決断をして、会社の経営を立て直すには2つのインパクトしかなくて、売上を上げていってなおかつコストを下げていく。それしかないと思ったわけ。だから売上を立て直すテーマとコスト改善のテーマのすごい会議を同時に導入する意思決定をした。プロジェクトが1ヶ月経過した時に、あるメンバーがコーチング通りにドライアイスの改善に着手したら、数百万円の改善という結果が生まれた。コーチングを受けた通りにコスト改善の進め方をすればコストは改善されると自信を持ち始め、あらゆる改善手法を使って他の項目に改善の手を広げていった。

    EMCで得たかった成果は10点満点中何点手に入りましたか?

    10点。10点以上だな。12点。それはコスト改善に対して、社員の中にやってみなければわからないっていうそういう意識が生まれたからだね。具体的に言うと、プロジェクトの終盤には3人の女性が、それぞれブライダルとフューネラルと本社で700万、500万、300万といった形で1300万改善をなんとしてもやろうと言って、周囲の人を巻き込んで自分達でセッションをするようになった。

    EMCはどんな組織やチームにおすすめしますか?

    あまりコストに関係のない社員がやると良いと思う。社員教育になると思うし。大方の社員って、自分達が扱っているコストはいじられないと思っているけど、実際はいじれることが分かるようになる。これ不思議だけどね、それまでは大事にしてなかったものを大事にするようになるんだよな。例えばテーブルクロスの改善をするとそれまではちょっとでも汚れるとすぐクリーニングに出していたけど、じゃあ汚さないようにするにはどうしたらいいかとか、あと発注をまめにして余分な発注をしないとか、そういう発想が現場から生まれてくるよね。そういう意味ではコスト改善は現場にやってもらったら面白いと思う。